2010年04月26日

黄色で心は沖縄に

image/2010-04-26T00:43:321今日は家族ホテル2で黄色を着て、心は沖縄に行って地元でデモ行進に参加しました〜。
五年前、普天間基地のすぐ近くの沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した時に、私は沖縄に行きました。ものすごいショックでした。
大学や、小学校、保育園のすぐ近くに巨大な基地があるんです。
墜落したヘリはテレビ局のヘリとかとは全然違って25メートルプールより大きいくらいだったそう、そんなヘリが大学に墜落して、校舎が真っ二つに真っ黒焦げになっていました。まるで戦争かテロだと思いました。
そのヘリにはストロンチウム90という放射性物質を含んだ爆弾が積んであったので、最初に駆け付けた消防士は被爆してしまったそうです。その時沖縄で基地建設反対の座り込みをしていた人が言っていたことが忘れられません。
「あなたは戦後の人間だと思っていますか?この国に戦後の人間などいないのです、沖縄ではいつヘリが墜落するかも、銃弾が飛んでくるかもという戦争の被害に苦しんでいるのと同時に、この沖縄の基地から飛んで行った米軍がイラクやアフガニスタンで子供やお年寄り、罪ない人を殺しているのだから、その手助けをしている日本は戦争の加害者でもあるんだ」と言われ言葉が出ず、帰りのバスでずっと泣いてしまいました。
本当に恐ろしい危険な基地は沖縄にも日本中どこにも、世界にもいりません。
沖縄の人と心を一つに私も頑張っていきたいと思います。
県内移設反対、大会に9万人=仲井真知事、政権公約の維持訴え−普天間問題・沖縄
view_news.pl?id=1188911&media_id=4
posted by ココノンのママ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。